2010年02月19日

<メモ>玉掛の実技要領(その2)

つづきです。

----------------------------------------------------

7.玉掛け確認

 補助者に止めの合図まで手を離さないように指示。
 あわせて、親指をたてて握らないようにも指示。

 クレーン運転者に小指をたてて見せ、微動の合図。
 確認がとれたら巻上げ指示。ワイヤが張ったら止め。

 玉掛け全体の確認。ワイヤの張り、素線の切れなど。
 「玉掛、よし」

 補助者に退避の指示。
 「退避」

 補助者、退避後に報告。
 「退避、よし」

 玉掛者も退避。
 「退避、よし」

8.地切り

 クレーン運転者に小指をたてて見せ、微動の合図。
 確認がとれたら巻き上げ指示。荷が浮いたら止め合図。

 ワイヤーに接触しないで、目視確認。
 「ワイヤー、よし」

9.巻上げと運搬

 地上1mまで巻上げ
 「高さ、よし」

 クレーンの進行方向に対して斜め前方に立ち、
 運行経路と荷下ろし場を指差し指示。

 荷下ろし場に立ち、荷を誘導。

 巻下げをし、枕の上20cm程度で止める。

 補助者に位置決め補助を指示。
 「位置決めお願いします」

 枕などにずれがないことを確認し、ずれていれば直す。
 着床位置を確認する。
 「着床位置、よし」

 補助者に退避の指示を出す。
 「退避」

 補助者、退避後に報告。
 「退避、よし」

 玉掛者も退避。
 「退避、よし」

10.着床

 小指合図、微動巻下げ。荷がまくらについたら止め。
 ワイヤを張ったまま、荷を揺すって安定確認。
 「安定、よし」

11.荷外し・片付け

 フックを下げ、ワイヤーを4本同時に外す。
 それからただちにフックを2m以上あげる。
 「フック高さ、よし」

 クレーン運転士に敬礼し、作業完了を伝える。

 目視でワイヤーの点検をする。
 「点検、よし」

 玉掛用具を収納し、開始の状態に戻す。
 「玉掛用具、収納、よし」

 補助者に礼をして、作業完了を告げる。


----------------------------------------------

こんなカンジ。
posted by kirikuzudo at 03:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35404575

この記事へのトラックバック